一曲解説

スピッツ「死神の岬へ」は本当に「死」についての歌なのか?

今回はスピッツのデビューアルバム『スピッツ』に収められている、「死神の岬へ」という曲を取り上げたいとおもいます。 スピッツの代表作といえば「ロビンソン」「チェリー」で、「死神の岬へ」なんて聞いたことないよ、というかたも多いん...
セレクション

かっこいいギターソロベスト10。定番ソロから変り種、アコースティックギターのソロまで。ギターが弾きたくなる最高のソロをチョイス【洋楽編】

定番から変り種まで。衝撃的なものからウキウキするようなものまで、様々な角度から素晴らしいギターソロを集めてみました。
アルバムレビュー

高中正義『SEYCHELLES』一瞬で夏の気分に…。トロピカルムード満点の傑作アルバム。

皆さんは夏のアルバムと言えば何を思い浮かべるでしょうか。 代表的なとこでいけば、大滝詠一の1981年に発表された『ロング・バケイション』や山下達郎の1982年に発表された『For You』などを思い浮かべるのではないでしょう...
一曲解説

Galileo Galileiの名曲「ハマナスの花」はどうして完璧なデビューソングなのか。

北海道出身のバンド、Galileo Galilei(ガリレオガリレイ)の完璧なメジャーデビューソング、「ハマナスの花」を解説したいと思います。 ガリレオガリレイのメンバーはいまはBBHFとして活動してて、最新作の『南下する青...
一曲解説

【歌詞和訳解説】レディオヘッド「ザ・ナショナル・アンセム」。歌詞の意味。なぜ「国歌」なのか。

今回はレディオヘッド (Radiohead) の「ザ・ナショナル・アンセム」(The National Anthem) という曲について解説、解釈します。 発表当時かなり物議をかもしたアルバム『キッドA』に納められて...
コラム

メンバーチェンジを経た充実作、オアシス『ヒーザン・ケミストリー』

今回は大胆なメンバーチェンジを経て制作されたオアシス5枚目のアルバム『ヒーザン・ケミストリー』(Heathen Chemistry)について語っていきたいと思います。 やはりオアシスといえば最初の2枚に話題は偏りがちですが、...
セレクション

夏の名曲ベスト10

夏にまつわる曲、夏を歌っている曲、沢山ありますね。 ネットにも「夏の名曲選」とか「夏の曲ベスト10」とかいろいろあふれています。 確かに夏のヒット曲がよく集まっているいいセレクションが沢山あるんですけど、けれど、どれも雨の日ソ...
一曲解説

Pitchforkの2011年の年間ベストソングで、第6位の名曲。Destroyer ”Kaputt”

今日はカナダのバンド、デストロイヤー(Destroyer)の「カプート」"Kaputt"と言う曲を紹介します。 この曲はアメリカの著名なWebマガジン、Pitchforkの2011年の年間ベストソングで、第6位に選ばれた曲です。 ...
アルバムレビュー

80’sポップの名曲がつまったデビュー作、シンディ・ローパー『シーズ・ソー・アンユージュアル』

Apple Musicで聴く、Spotifyで聴く 今回はシンディ・ローパー(Cyndi Lauper)の1983年発表の大ヒットソロ・デビューアルバム『シーズ・ソー・アンユージュアル』(原題:She’s So Unusual 旧邦...
アルバムレビュー

電気グルーヴは『J-POP』こそが最高傑作。シャープに作り込まれたサウンドとらしさ全開のユーモアのバランスが取れた名盤。

今回は電気グルーヴの2008年発表のアルバム『J-POP』を紹介します。 一言で言ってしまうとこの『J-POP』、電気グルーヴというユニットが成しえた、ひとつの到達点、完成形のアルバムだと思っています。 個人的には最高傑作だと...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました