日本のロック黎明期の名盤フォーク・クルセダーズ『紀元貮阡年』

今回は1968年に発表されたフォーク・クルセダーズのアルバム『紀元貮阡年』を紹介していきます。

ジャックスの『ジャックスの世界』と並ぶ日本のロック黎明期の名盤と言われている本作ですが、どこが素晴らしいのか、徹底解説していきたいとおもいます。

created by Rinker
¥984 (2020/09/29 11:20:50時点 楽天市場調べ-詳細)

フォークミュージックをベースに、スタジオでの実験精神と類稀なユーモアのセンスが融合した一枚です。

音数も限られてますし、確かに68年らしい古さはありますが、色彩感覚豊かな白黒映画の様で、その時代の持てるだけの技術と趣向を凝らした、音楽性の豊かさが味わい深い一枚です。

では早速内容を見ていきましょう。

ザ・フォーク・クルセダーズ / 紀元貮阡年[初回出荷限定盤(生産限定盤)]

1.紀元弐阡年

作詞:北山修 / 作曲:加藤和彦のカントリーソング。

もともとそのバンド名が指し示しているように彼らはフォークミュージックやカントリーミュージックなどの音楽をやっていました。

当時彼らは自主制作盤の『ハレンチ』と言うアルバムを出し、その中の曲がラジオによって頻繁にオンエアされるようになっていました。

そういう背景もありレコード会社からの猛烈なラブコールによって彼らは本作でメジャーデビューすることになったのです。

その際、はしだのりひこ、が加入してこの曲の作曲者の2人(北山修と加藤和彦)と3人でフォーククルセダーズとしてメジャーデビューしたのでした。

さてアルバムタイトルと同名の「紀元弐阡年」(読み方はきげんにせんねん)ですが、北山修さんの人を食ったようなユーモアと皮肉が初っ端からきいた歌詞が痛烈です。

北山さんはこの後作詞家としても成功を収めていますがもともと医者志望で、しばらくしてから医療の道に進みました。

2. 帰って来たヨッパライ

日本初のミリオン超えシングル。

テープスピードの編集やサンプリング的引用を駆使した実験的コミックソングがこれだけ大ヒットしたというのも興味深いです。

内容は飲酒運転ソングなのでコンプライアンス的に今は無理だろうな…。

テンポを落として普通に歌って録音したものをテープスピードを上げて再生するとこのような変な歌声になります。

最後に「エリーゼのために」が出てきたり、お経のリズムでビートルズの「ハード・デイズ・ナイト」を引用したりと全編に渡って実験的な試みが繰り広げられます。

A Hard Day's Night (Remastered 2015)

これほど風変わりな大ヒットソングはこの先でてこない様な気が…。

加藤和彦さんはこのフォーク・クルセダーズの活動の後、ソロやサディスティック・ミカ・バンドなどで活躍し、日本のロックシーンを牽引していくのですが、それらの作品の先進性の萌芽がこの曲、このアルバムで見て取れます。

3. 悲しくてやりきれない

セカンドシングル。

ヒット曲を作れということで、レコード会社の一室に軟禁されて無理矢理かかされた曲。

コンプライアンス的に今ではこれもアウトですね笑。

でもちゃんとヒットするから凄い。

オリコン6位でした。

歌詞はサトウハチロー

4. ドラキュラの恋

作詞‎: ‎北山修、作曲‎: ‎加藤和彦。

歪んだボーカル、サイケデリックでドラッギーな曲調。ドラキュラを主人公にした童話的だが悲痛なラブソング。

サイケな雰囲気に風変わりな歌詞の食い合わせって、初期ピンク・フロイドにありそうな曲ですね。

5. 水虫の唄

ザ・ズートルビー名義で発表された、当時いかにも流行ってそうなグループサウンズ的歌謡曲。

しかし、恋人にうつされた水虫によって別れた恋人との繋がりを感じるという歌詞が異質(笑)。

北山修さんらしいユーモラスな一曲。

グループサウンズ的なスタイルをパロディなのかどうなのかは不明ですが、踏襲しながらもこういうおふざけをいれてくる「茶化し」の精神がいいですね。

6.オーブル街

作詞:松山猛、作曲:加藤和彦のオーケストラをフィーチャーしたバラード。

ここら辺のアレンジなんかは一見当時の歌謡曲風なんですけどテープの逆回転をいれるなどの実験的要素も入ってて、一味ちがいます。

作詞の松山猛さんはこの後ソロや、サディスティック・ミカ・バンドにも詩を提供するなど、加藤和彦さんのキャリアを語る上で欠かせない存在になっていきます。

コミカルな曲に挟まれてしまっているせいで一見地味ですけど普通にいい曲ですね。

都市生活の孤独を歌っている曲だと思います。

7.さすらいのヨッパライ

作詞:北山修 作曲:加藤和彦

「帰ってきたヨッパライ」の続編と言える一曲。

ただ今回の舞台は日本じゃなくてアメリカ西部開拓時代

西部劇でよく出てくるようなホイッスルと馬の蹄を模したようなパーカッションなど、曲調もそれに合わせたものになってます。

「帰ってきたヨッパライ」同様、スピードを下げて録音したものを通に再生してへの甲高い歌声を再現しています。

結局最後はまた死ぬんですけど、また復活するという同じオチ。

今度は最後に「蛍の光」を歌ったり、淀川長治さんの映画解説のものまねを入れるなど相変わらずやりたい放題です。

8.花のかおりに

オーケストラとバンド演奏の共演の歌謡曲的な一曲。

でもバックのバンドの演奏が結構ロックもしくはジャズ的ですね。

加藤さんの歌声は気品があるのでロックとかはちょっとハマりにくいんですけど、こういうのは本当にぴったりです。

9.山羊さんゆうびん

みんなが知ってる例の「白ヤギさんたら読まずに食べた」の童謡。

管楽器をフィーチャーしたNHKっぽい、奇を衒わない至極真っ当な童謡アレンジ。

一体どういうつもりでこの曲を入れてたんでしょうね。

「帰ってきたヨッパライ」は本当に国民的なヒットソングでしたので当然子供にも聞かれていたと思います。

子供への需要の1つとしてこの曲をアルバムに入れたのかもしれないですね。

10.レディー・ジェーンの伝説

ビートルズのコピーバンドという設定の、ザ・ズートルビー名義の曲。

作詞:足柄金太、作曲:河田藤作となっていますが、河田藤作は加藤和彦さん、足柄金太は北山修さんです。

11.コブのない駱駝

コブのない駱駝、鼻の短い象、立って歩く豚の物語。

それぞれにオチがついているコミックソングですが、最後の立って歩く豚の強烈なオチにメッセージ性を感じますね。

12.何のために

作詞:北山 修、作曲:端田 宣彦。

ラスト一曲。今までの展開が嘘のようにものすごくシリアスなナンバー。

作曲者のはしだのりひこさんがボーカル。

まとめ 実験精神とバラエティ

いかがだったでしょうか。様々なタイプの曲が入っていましたよね。

そして一人ひとりの実力が発揮されたアルバムだと思います。

この後、はしだのりひこ氏は「はしだのりひことシューベルツ」と言うバンドを結成し「風」などのヒットで見事に成功を収めます。

北山修と加藤和彦コンビのその後の活躍は前述したとおりです。

また北山修と加藤和彦コンビの曲はやっぱり魅力的で、このアルバムの根幹をなしています。

3人とも実力のあるメンバーがあつまって、レコード会社の予算を使ってスタジオで好きにいろいろ実験をして作ったアルバムですね。

日本で1番ヒットした実験的なレコードではないでしょうか。

未聴のかたは是非チェックしてみてください。

ザ・フォーク・クルセダーズ / 紀元貮阡年[初回出荷限定盤(生産限定盤)]

また本作は当サイトの『邦楽アルバムベスト100』にもランクインしていますので、よろしければ是非チェックしてみてください。

邦楽アルバムベスト100
以前Music magaine誌の邦楽アルバムベスト100という企画を当サイトでも取り上げました。自分だったコレをいれるなーとか、コレはもっと順位高いなーとか考えてたら、いてもたってもいられなくなり、今回自分でも邦楽アルバ...
タイトルとURLをコピーしました