リバーポートソング 第二部 第三話 このアーティストのここが凄いと熱っぽく語る彼らの目は澄んでいた。そしてその瞳の奥にはしっかりとした裏付けがあった。

【第二部 第二話はここから】

【あらすじと今までのお話一覧】

この頃には映画にも飽き始めていたが、だらだらと見る習慣だけは続いていて、何本か実家に置いてあったのを見た。それもめぼしいものがなくなってしまって、近所のTSUTAYAで映画を物色しているとビートルズの※①『ア・ハード・デイズ・ナイト』『ヘルプ!』があって、そういえば好きなのに彼ら主演の映画を見ていなかったなと思い、借りることにした。

もっと早くみておくべきだった。2本を見終わった僕は静かに感動していた。筋は荒いところもあるが、コメディ映画として単純に面白く、なによりもそこには動き回るみずみずしいビートルズの4人のメンバーたちがいて、彼らは実に楽しそうに演奏していた。

バンドをやりたいという気持ちにはまだなれなかったが、とにかく楽器を弾きたくなった。

心の何処かに微かに残っている音楽への情熱に微かに火が灯ったような感覚があった。停滞期は今にしてみればほんの短い期間の話だったが、当時の僕にはとてつもなく長い二か月だった。復路もまたバスでのんびりと帰る予定だったが、居ても立っても居られなくなり、予定をキャンセルして在来線と新幹線を乗り継いで予定よりも2,3日早く東京に帰った。帰りの新幹線の中ではずっとスーパーカーを聴いていた。

帰るとすぐに僕は今までの自分に足りなかったものは何か考え始めた。冷静に振り返ってみると、高岸も石田さんも楽器に対する分析が鋭く、引き出しも多彩だった。そして二人とも自分の好きなアーティストをとことん研究していた。その研究とは言葉によって特徴を定義するだけのふんわりとしたアプローチではなくコード進行やメロディーの在り方など、各楽器の編成やアレンジなど、一つ一つの曲を因数分解して曲を構成する要素をつぶさに明らかにしていくやり方だった。

音楽理論の勉強は、高校のうちから参考書などを見たり買ってきていたりはして通ってはきたのだが、全く頭に入らなかった。肝心の参考書の作者が自分にとっては全く興味のない類のJ-popや、一般的なヒットソングに携わっている人間だったし、そしてそういう本の作者は本業が儲かっていないからこのような、作り方を売って生業にしているのではと思うと、あまり読みたいとも思えなかった。穿った見方かもしれないがまぁ真実だと思っている。

となると、やはり石田さんや高岸の様に自分の好きなバンドやアーティストの分析から始める方がいいんじゃないかという気がした。こうなりたいと言う人を模倣した方が理にかなっているし、何より学んでて楽しそうだった。このアーティストのここが凄いと熱っぽく語る彼らの目は澄んでいた。そしてその瞳の奥にはしっかりとした裏付けがあった。僕もそのようなものを獲得したかった。

無論、アーティスト達は教則本のように丁寧に教えてくれはしない。だから盗むしかない。しかし彼等のメッセージは教則本の何十倍も芳醇だ。問題はどうやって盗むかだった。

石田さんも高岸も※②バンドスコアや楽譜を参照していたわけではなかった。全て耳で聞き取ってそれをメモして楽曲を分析していた。所謂耳コピというやつだ。耳コピと言っても完全に耳だけを頼りにしているわけでもなく、楽器を並行して弾きながら、曲に合っている音を探して、コードなり、フレーズなどを探り当てていく。地味で時間のかかる作業だ。僕はこの耳コピが苦手でついついバンドスコアを頼ってしまったり、高岸の手を借りたりしていたのだが、今やそれもできなくなっていたし、彼らに頼り切っていた姿勢が良くなかったと感じていた。本格的に耳コピをマスターする必要があった。ということで、自分が理想とする楽曲を集めた※③MDを何枚か作ってみて、それらの楽曲を耳コピして分析することにした。

最初はなかなか思ったように狙った曲を上手く耳コピできないので、まずはシンプルな楽曲から始めてみる事にした。ラモーンズなどのパンクやパワーコードを主体とするバンドからコピーし始めたのだ。この作戦は功を奏して、僕は段々と耳コピに慣れていった。そして次はフォークソングをコピーし始めた。フォークはギターと歌だけだったり、バンド演奏があってもアレンジがシンプルだったりして、コード弾きをしているギターの音を拾いやすいからコピーしやい。これも耳コピに慣れるには最適な教材だった。そうして徐々に複雑な曲の耳コピにも挑戦していった。どうしても聞き取れないコードがある場合は、幸いなことにコード集のような物が載っている教則本を持っていたので、それを頼りにした。それでもわからない場合は素直にその曲はきっぱりとあきらめた。そのうちに時間がたって耳コピのレベルがアップしてくると、昔は聞き取れなかった曲も聞き取れる様になっていたりした。耳コピした曲のコード進行をノートに書き留めていき、時々そのノートをみながら弾き語りなどをして楽しんだ。段々とコピーした曲とレパートリーが増えていった。耳コピはものすごく楽しかった。ギターをやめるまでに、最終的に僕は1000曲以上耳コピをした。ノートは7冊以上にもなった。今でもそれは捨てられずに本棚の片隅でほこりを被って眠っている。

それから耳コピした曲を中心に個々の楽器の研究も始めた。今まではギターをメインに曲を聴いていたが、ベースも気にするようになった。安物のベースだが手元にあったので、ベースラインがかっこいい曲、ベースの練習になりそうな曲を集めたMDを作って、それにあわせて練習したり、フレーズを研究したりした。これが後で多いに役に立つとは思ってもみなかった。当然ギターに関しても同じようなMDを、ソロ、バッキング、コード進行、練習用と、それぞれ別に作った。練習用の曲に合わせて弾いた後で、新しい曲を耳コピしたり、個々のパートを研究したりするのが日課になった。

こうして僕はアーティストや楽曲の研究を始めた。既にその頃には、冬休みが終わり、大学がまた始まって、そろそろ年度末の試験やレポートが近づいていた。

柳との運命的な出会いもこのころに起こった。

第二部第四話につづく

※①それぞれ『ビートルズがやってきた、ヤァ!ヤァ!ヤァ!』と『4人はアイドル』というなかなか時代を感じた邦題がつけられていたのだが、この時原題カタカナ表記だったか、邦題だったかは覚えていない。

※②ロキシーミュージックやXTCのバンドスコアなんて当然売ってなかったので、石田さんや高岸が耳コピに向かわざるを得ないのは当然だったかもしれない。当時もネットにコード譜やタブ譜的なものはアップされていたが、今みたいに探せばなんでもあるというわけでもなく、ごく限られたものしか無かった。

※③MDとはミニディスクの略。CDに代わるコンパクトなディスクシステムとして1992年に登場したが、2004年当時には既に廃れて来ていた。ただ、編集がしやすく、曲の頭出しがCDと同じように出来たり、音質を落とせば4倍の容量を使えたりと、お気に入りの曲を集めたディスクを作るには、パソコンにCDを取り込んでCD‐ROMにお気に入りの曲を入れるよりもMDの方がお手軽で便利だった。

タイトルとURLをコピーしました