ベースソロがカッコいい曲

いままでベースラインのカッコいい曲ベースリフのカッコいい曲をそれぞれやっていきましたけど、今回はベースのソロのカッコいい曲を特集します。

ギターソロというのは良く聞きますが、ベースソロはあんまり聞いたことがないな、という方は多いのではないでしょうか。

そんな比較的珍しいベースのソロを集めてみました。

1. レッド・ツェッペリン「レモン・ソング」 Led Zeppelin “Lemon Song”

The Lemon Song (2012 Remaster)

ロックの名盤『レッド・ツェッペリンII』からの一曲。

ハウリン・ウルフの「キリング・フロア」などを下敷きにしてつくられた一曲。

実際に「キリング・フロア」の版権をもってる会社から訴えられて、後々作曲クレジットにハウリン・ウルフの名前が載るように。

他にもブルース有名な曲の引用がちらほらある曲です。

とまあいわくつきの曲ですが、メンバーの演奏は素晴らしい曲で、特に曲のテンポスピードがアップする後半のギターとベースが絡み合うソロがたまらないですね。

ベーシストはもちろんジョン・ポール・ジョーンズです。

2. フリー 「ミスター・ビッグ」Free “Mr.Big”

ベースソロといえばはずすわけにいかないのが、

ブリティッシュブルースロックバンド、フリー (Free)「ミスター・ビッグ」(Mr.Big)

問題のベースソロですが3:08ぐらいから聴けます。

ベーシストはアンディ・フレイザー。

余談ですが、日本でも大人気だったアメリカの超絶技巧ハードロックバンド、

Mr.Bigはこの曲からその名をとりました。

3. ミスター・ビッグ「アディクテッド・トゥ・ザット・ラッシュ」Mr. Big “Addicted To That Rush”

Mr. Big – Addicted To That Rush (MV)

というわけでMr. Bigの曲をついでにあげないではいられません。

ベースのビリー・シーンの超絶技巧とステージアクションが存分に味わえる「アディクテッド・トゥ・ザット・ラッシュ」(Addicted To That Rush)です。

冒頭から飛ばしまくるビリーのソロが堪能できます。

4. ポール・サイモン「ユー・キャン・コール・ミー・アル」 Paul Simon “You Can Call Me Al”

Paul Simon – You Can Call Me Al (Official Video)

元サイモン&ガーファンクルのポール・サイモンが1986年に発表したアルバム『グレイスランド』からの一曲。

ポール・サイモンがパーティで名前を間違えられた経験からがもとになっている曲。

このアルバム全体がそうなんですが、音楽的には彼の南アフリカ滞在から影響を受けています。

イントロのフレーズは小沢健二さんが「ぼくらが旅に出る理由 」という曲でまるまる引用していたので、聞き覚えがあるってかたは多いかもしれないですね。

ベースソロは3:44から。他の楽器の演奏が止まってベースだけになるソロで実に印象的ですね。

Bakithi Kumaloという南アフリカのミュージシャンがこのソロを弾いています。

余談ですけど、これプロモーション・ビデオも面白くて、チェビー・チェイスっていうポール・サイモンに似てるコメディアンの人が出演しているんです。

長身のチェビーと背が低いポールの凸凹コンビとお互いがそっくりな感じが面白いです。

5. ディープ・パープル「ピクチャース・オブ・ホーム」Deep Purple “Pictures Of Home”

ハードロックバンドといえばこのバンド、

ディープ・パープル (Deep Purple)から、ベースソロが聴ける、

「ピクチャース・オブ・ホーム」(“Pictures Of Home”)をご紹介。

3:40頃から始まるロジャー・グローヴァーによるベースソロフレーズ。

かっこよくてゾクゾクしますね。

初めて聴いたときは鳥肌が立ちました。

まとめ

というわけで、今回はベースソロの曲を集めてみました。

数は少ないですが、このようにカッコいいソロが意外とあるものなので、皆さんも捜してみてください。

タイトルとURLをコピーしました