ベースがカッコいい曲

みなさんは音楽を聴くときベースギターを意識して聴くことはありますでしょうか。

普段ベースを弾く方は結構意識して聴いているかと思います。

が、そうでない方は、ベースに注目して音楽聴くことって、なんとなく少ないんじゃないかなって思います。

今回はベースに注目してみようという企画でして、ベースに興味を持ってもらえるような、ベースのカッコいい曲を選んでみました。

ベースライン、ベースリフ、ベースソロと、3つのセクションに分けて、紹介していきたいと思います。

ベーシストの方はプレイの参考になると思います。

1. ジャミロクワイ「エマージェンシー・オブ・プラネット・アース」Jamiroquai ”Emergency on Planet Earth”

アシッド・ジャズで最も成功したアーティストであり、90年代の音楽シーンの一角と担った大物アーティストがジェイ・ケイを中心とするバンド、ジャミロクワイ

日本でもサードアルバムの『トラベリング・ウィズアウト・ムービング~ジャミロクワイと旅に出よう~』が大ヒットしました。

さてそんなジャミロクワイの初期のサウンドを支えたベーシストといえばスチュワート・ゼンダー(Stuart Zender)です。

彼の名演は沢山あるんですけど、今回はデビューアルバムの表題曲「エマージェンシー・オブ・プラネット・アース」を紹介したいと思います。

スラップを中心としたメロディアスかつファンキーなプレイがカッコいいです。

ジャミロクワイはその音楽の性質上とてもベースは重要な役割を担っていますので、ベースの名演は多いです。

スチュワート・ゼンダーは残念ながら3枚目の後で脱退しちゃうんですけど、その後もベースがいい曲は沢山あるんですね。

ベーシストはぜひともチェックしておきたいアーティストです。

created by Rinker
¥1,012 (2022/05/16 11:51:38時点 楽天市場調べ-詳細)

2. ニック・ロウ「アイ・ラブ・ザ・サウンド・オブ・ブレイキング・グラス」Nick Lowe “I Love The Sound Of Breaking Glass”

エルヴィス・コステロのプロデュースなどで知られるニック・ロウのデビューアルバム『ジーザス・オブ・クール』(Jesus of Coolからの一曲。

ニック自身がベーシストですが、この曲では Andrew Bodnarがベースを担当しています。

メロディアスかつ軽快なリズムで曲を引っ張るそのベースプレイは一聴の価値があります。

そしてベースに限らず、すべてのパートがカッコいい、アレンジの教科書的な1曲。

3. ザ・クラッシュ「ロンドン・コーリング」(The Clash “London Calling”)

パンクロックの代表的な一曲としても知られる、ザ・クラッシュ「ロンドン・コーリング」

そのイントロを彩るのはベーシスト、ポール・シムノン(Paul Simonon)によるベースのリフです。

この曲の持つ不穏な雰囲気は、どっしりとしたこのカッコいいベースに支えられているといっても過言ではありません。

4. デヴィッド・ボウイ  「夜をぶっとばせ」(David Bowie “Let’s Spend The Night Together”)

死後なおその影響力を強め続けている重要アーティスト、デヴィッド・ボウイ。

そんな彼の最盛期とも言える70年代の名作郡のうちの一枚『アラジン・セイン』からローリング・ストーンズのカバー「夜をぶっとばせ」をピックアップ。

この時期のボウイはいわゆるグラムロックというジャンルにくくられるのが一般的ですし、パンク以前の演奏ですが、パンク以上にパンク的なこのナンバーを紹介せずにはいられません。

ストーンズの原曲が呑気にみえる程の狂気と狂騒があふれるこの暴力的な演奏をリードするのは、縦横無尽に駆け回るメロディアスかつ凶悪なTrevor Bolderによるベースです。

Aメロ部分はブギーに良くあるようなフレージングなんですけど、サビに向かってBメロで加速していくベースラインは実にスリリングです。

あまり言及されることはありませんが、めちゃくちゃ格好よいベースラインです。

5. ローリング・ストーンズ「悪魔を哀れむ歌」(The Rolling Stones “Sympathy for the Devil”)


ローリング・ストーンズの絶頂期に発表された名曲。

ダンサブルで荒々しいベースラインが魅力的です。

実はこのベースは、ベーシストのビル・ワイマンではなく、ギターのキース・リチャードによるもの。

ビル・ワイマンの演奏に満足できなかったキースが「俺にやらせろ」とかいったかはわかりませんが、ポジションを奪ったそうです。

実にギタリストが弾いたベースらしいといえばらしい演奏ですよね。

6. レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「パラレル・ユニバース」(Red Hot Chili Peppers “Parallel Universe”)

ベースの特集で彼を欠かすことはできませんね、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスト、フリー(Flea)です。

実はこの曲は彼が普段得意とするファンクを下敷きにしたプレイではないのですが、ずっと細かいフレーズを弾きつづける演奏のその正確さに度肝を抜かれるはずです。

これは一曲通すのも大変そうですので、ベーシストは練習メニューに加えてもいいかもしれません。

7. スクエアプッシャー「テトラ-シンク」(Squarepusher “Tetra-Sync”)

エレクトロニック・ミュージック、IDMインテリジェント・ダンス・ミュージック)シーンをリードするスクエアプッシャーことトーマス・ジェンキンソン

いわゆる電子音楽が主戦場の彼ですが、ベースも演奏できるのです。

いや、演奏できるとかそんなレベルではなく、先ほど言及したレッド・ホット・チリ・ペッパーズのベース、フリーに「地球上で最高のベースプレイヤー(the best electric bass player on the earth)」と言わしめるほどの実力者でもあります。

今回取り上げるのは、全編ベース演奏をフィーチャーしたこのナンバー。

この曲を収録し、彼のベース演奏が存分に堪能できる2004年発表のアルバム『Ultravisitor』もオススメです。

このようにバンド勢以外、クラブミュージックや電子音楽系もカッコいいベースラインが沢山あるんですよね。

というかある意味バンド以上に低音が命になってきます。

普段低音はシンセサイザーや打ち込み音源で表現されることが多いこのジャンルですが、是非ベーシストの方は低音に注目して聴いてみて欲しいです。

低音がカッコいい曲はそれこそ無数にあって、きりがありません。

8. マッシヴ・アタック「セイフ・フロム・ハーム」(Massive Attack “Safe From Harm”)

イギリス、ブリストル出身の音楽ユニット、

マッシヴ・アタック (Massive Attack) の大名盤1stの、ど頭の一曲「セイフ・フロム・ハーム」(Safe From Harm)

いつもこのベースのイントロでワクワクします。

シンプルなフレーズの繰り返しですが、一曲弾き続けるのは結構大変でして、

ベース練習曲としても重宝するかと思います。

9. アース・ウインド&ファイア「ハッピー・フィーリン」(Earth, Wind & Fire “Happy Feelin'”)

ベースの特集でファンクやディスコを取り上げないわけにはいかないですよね。

アース・ウインド&ファイアはR&Bやディスコ、ソウル、ジャズなどをうまく融合させて、グルーヴィで誰もが夢中になる極上のファンクサウンドを作り上げた伝説のグループです。

そんな彼らの楽曲の中でもベースが恰好良くてファンキーかつポップな「ハッピー・フィーリン」を取り上げたいと思います。

疾走感がありつつもグルーヴがあって理想的なベースラインですよね。

ベーシストはヴァーダイン・ホワイトです。

ベースリフのかっこいい曲

リフといえばロックの醍醐味で、大半はギターだったりしますけど、実はベースのリフも結構カッコいいものが多いです。

というわけでこのセクションではベースリフのカッコいい曲を紹介していきます。

1. レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「ハイヤー・グラウンド」(Red Hot Chile Peppers “Higher Ground”)

ベースリフといえばレッチリによるスティービー・ワンダーのカバーのこの曲は有名ですね。

フリーによるこのベースリフは原曲のキーボードのフレーズをそのままなぞったものですが、スラップによるアタックの強調でより力強くなっています。

ベーシストでよく腕慣らしや練習に弾くという方も多いのではないでしょうか。

かく言う筆者もベースを手に持つとついつい弾いてしまうフレーズの一つです。

ベースの試奏で店頭でこのフレーズを耳にしたこともあるぐらいです。

しかしこのフレーズを一曲通して引き続けるにはなかなか大変で、練習曲にもってこいだと思います。

筆者もベースに本気で取り組んでいたときは練習メニューに加えていました。

2. プライマス 「ジェリー・ワズ・ア・レース・カー・ドライバー」(Primus “Jerry Was A Race Car Driver”)

ベースボーカルのレス・クレイプール(Les Claypool)率いるアメリカ変態オルタナバンド、プライマス (Primus)

彼の変態的かつテクニカルなベースプレイはベーシストならずとも必聴ですね。

今回はベースリフでグイグイ聴かせるナンバー「ジェリー・ワズ・ア・レース・カー・ドライバー」をチョイスしました。

いやぁ。かっこいいですね。

ベースでギターより目立ちたい!

という人は是非参考にしていただきたいと思います。

3. ザ・クラッシュ「7人の偉人」(The Clash “The Magnificent Seven”)

パンクバンドのクラッシュは、その音楽性をパンクにとどまらせず、レゲエやダブ、ヒップホップまで取り入れて幅広い音作りをしていきました。

そんな彼らがいち早くヒップホップに挑戦したナンバーがこちらです。

ビースティーボーイズやRUN DMCよりも前の時代の話です。

この曲のベースはクラッシュのベーシスト、ポール・シムノンではなく、ノーマン・ワット=ロイが弾いています。

同じベースリフを繰りかえすこの曲は、ベース練習曲としても最適ですね。

4. エルビス・コステロ&ジ・アトラクションズ「パンプ・イット・アップ」(Elvis Costello & The Attractions “Pump It Up”)

ミスチル の「シーソーゲーム」の元ネタでもあるこのPV。

どの楽器もかっこいいですが、ブルース・トーマスのメロディアスかつクールなベースリフが印象的です。

エルビス・コステロは、初期には当時全盛期だったパンクロックや、パブロックのような音をだしていました。

その時一緒にやっていたバンドがアトラクションズです。

この時期のコステロのバンドサウンドは非常にカッコいいのが多いので、バンドやっている方は是非チェックしてみて下さい。

5. レディオヘッド「ナショナル・アンセム」(Radiohead “The National Anthem”)

レディオヘッドが大胆に音楽性を変化させた転換期のアルバム『キッドA』からの一曲。

そのアルバムの中では珍しく打ち込みではなくバンドサウンドがメインになっている曲がこの「ナショナル・アンセム」

めちゃくちゃかっこいいベースリフが緊張感を保ったまま楽曲を引っ張っていきます。

実はこの曲のベース演奏はレディオヘッドのベーシスト、コリン・グリーンウッドではなく、ボーカルのトム・ヨーク

実はこのフレーズ、トムが10代からあたためていた ベースリフだったのです。

コリンはさぞ悔しがったことでしょう。

こんな美味しいベースリフは自分で思いつきたかったはずです。

この曲については別で記事としてまるっと取り上げましたので、詳しく知りたいかたはご覧ください

6. ニルヴァーナ「ラブ・バズ」(Nirvana “Love Buzz”)

ニルヴァーナはもはや説明不要ほど有名な、90年代を代表するロックバンド。

彼らの1stアルバム『ブリーチ』(Bleach) に収められいる、ショッキング・ブルー (Shocking Blue) のカバー曲「ラヴ・バズ」(“Love Buzz”) は妖しい雰囲気満点のベースリフが素晴らしいんですよ。

原曲リフに手を加えたクリス・ノヴォセリックのベースリフが曲を引っ張り、それにカートのメタルから影響を受けたギタープレイが絡みます。

7. ニュー・オーダー「セレモニー」 (New Order “Ceremony”)

まるでギターのようなイントロですが、実はこの印象的なリフはベースの高音弦をひいたものです

このようにニュー・オーダーのベーシスト、ピーター・フックギターのようにベースでリードフレーズ、ソロを弾くことで有名です。

8. ザ・ジャム「イン・ザ・シティ」(The Jam “In The City”)

ジャムのデビューシングルにして最強パンクアンセムです。

ブルース・フォクストンの、これがリッケンバッカーベースの音じゃぁ、と言わんばかりのゴリゴリとしたベースリフが熱いですね。

スーツを着てガンガン動きまわるステージアクションもカッコイイです。

ジャムはその後、音楽性を変化させパンクにとどまらないサウンドを展開。

ベースという観点でいえば後期の曲「悪意という名の街」(“Town Called Malice”)もオススメです。


どうだったでしょうか。

ギターだけでなく、ベースのリフもめちゃくちゃかっこいいと言う事がわかっていただけたかと思います。

ベースの楽器として美味しいところはリズムを強力に打ち出しながらもメロディーで聴かせることができる所だと思います。

今回の特集でも、その両方を兼ね備えたモノばかりでしたね。

ベースソロがかっこいい曲

いままでベースラインのカッコいい曲、ベースリフのカッコいい曲を取り扱いましたが、この最後のセクションではベースのソロのカッコいい曲を特集します。

ギターソロというのは良く聞きますが、ベースソロはあんまり聞いたことがないな、という方は多いのではないでしょうか。

そんな比較的珍しいベースのソロを集めてみました。

1. レッド・ツェッペリン「レモン・ソング」 Led Zeppelin “Lemon Song”

ロックの名盤『レッド・ツェッペリンII』からの一曲。

ハウリン・ウルフ「キリング・フロア」などを下敷きにしてつくられた一曲。

実際に「キリング・フロア」の版権をもってる会社から訴えられて、後々作曲クレジットにハウリン・ウルフの名前が載るように。

他にもブルース有名な曲の引用がちらほらある曲です。

とまあいわくつきの曲ですが、メンバーの演奏は素晴らしい曲で、特に曲のテンポスピードがアップする後半のギターとベースが絡み合うソロがたまらないですね。

ベーシストはもちろんジョン・ポール・ジョーンズです。

2. フリー 「ミスター・ビッグ」Free “Mr.Big”

ベースソロといえばはずすわけにいかないのが、

ブリティッシュブルースロックバンド、フリー (Free)「ミスター・ビッグ」(Mr.Big)

問題のベースソロですが3:08ぐらいから聴けます。

ベーシストはアンディ・フレイザー

余談ですが、日本でも大人気だったアメリカの超絶技巧ハードロックバンド、

Mr.Bigはこの曲からその名をとりました。

3. ミスター・ビッグ「アディクテッド・トゥ・ザット・ラッシュ」Mr. Big “Addicted To That Rush”

というわけでMr. Bigの曲をついでにあげないではいられません。

ベースのビリー・シーンの超絶技巧とステージアクションが存分に味わえる「アディクテッド・トゥ・ザット・ラッシュ」(Addicted To That Rush)です。

冒頭から飛ばしまくるビリーのソロが堪能できます。

4. ポール・サイモン「ユー・キャン・コール・ミー・アル」 Paul Simon “You Can Call Me Al”

サイモン&ガーファンクルポール・サイモンが1986年に発表したアルバム『グレイスランド』からの一曲。

ポール・サイモンがパーティで名前を間違えられた経験からがもとになっている曲。

このアルバム全体がそうなんですが、音楽的には彼の南アフリカ滞在から影響を受けています。

イントロのフレーズは小沢健二「ぼくらが旅に出る理由 」という曲でまるまる引用していたので、聞き覚えがあるってかたは多いかもしれないですね。

ベースソロは3:44から。他の楽器の演奏が止まってベースだけになるソロで実に印象的ですね。

Bakithi Kumaloという南アフリカのミュージシャンがこのソロを弾いています。

余談ですけど、これプロモーション・ビデオも面白くて、チェビー・チェイスっていうポール・サイモンに似てるコメディアンの人が出演しているんです。

長身のチェビーと背が低いポールの凸凹コンビとお互いがそっくりな感じが面白いです。

5. ディープ・パープル「ピクチャース・オブ・ホーム」Deep Purple “Pictures Of Home”

ハードロックバンドといえばこのバンド、

ディープ・パープル (Deep Purple)から、ベースソロが聴ける、

「ピクチャース・オブ・ホーム」(“Pictures Of Home”)をご紹介。

3:40頃から始まるロジャー・グローヴァーによるベースソロフレーズ。

かっこよくてゾクゾクしますね。

初めて聴いたときは鳥肌が立ちました。

タイトルとURLをコピーしました