【歌詞解釈】Pitchforkの2011年の年間ベストソングで、第6位の名曲。Destroyer ”Kaputt”

今日はカナダのバンド、デストロイヤー(Destroyer)「カプート」”Kaputt”と言う曲を紹介します。

この曲はアメリカの著名なWebマガジン、Pitchforkの2011年の年間ベストソングで、第6位に選ばれた曲です。

この曲が収められたアルバムは、同誌の2011年ベストアルバムのなんと2位に選出されました。

それでは実際にどんな曲なのか、みていきましょう。

メタルじゃない

デストロイヤー。ヘビメタバンドみたいなバンド名ですけど、全然メタルバンドではないです。

Dan Bejarという髪の毛もじゃもじゃのおっさんのバンド(笑)。

で、曲を聴いてみる、シンセサウンドを基調としてサックスとか、女性コーラスとか入っているAOR的な仕上の1曲。

前述したようにカナダのバンドなんですけど、この曲の中にはイギリスの有名なロックマガジンの名前だったり、最後にはアメリカの話が出てきたりします。

なんでそういう内容になってるのかということをこれから見ていきましょう。



プロモーションビデオ

この曲にはプロモーションビデオが作られていて大変面白い仕上がりとなっていて、歌詞とも当然リンクするので、ちょっと見てもらいましょう。

なかなか長いビデオですので最初は途中まででいいです。

いかがでしたでしょうか。

最初の方はコミカルで面白いですよね。途中からちょっとわけがわからなくなってくる(あとで解説します)。

心地よい浮遊感のある曲なので、ずっと聴けちゃう中毒性がありますね。

一時期この曲ばかり聴いていました。

ロキシー・ミュージック「アヴァロン」を引き合いに出している人がネット上でちらほらいますけど、その感覚すごくわかります。あの曲も中毒性高いですね。

タイトルとURLをコピーしました