ファン273名が選んだGRAPEVINE名曲ランキング

前回の記事の続きでTwitterで募集した273名による投票のグレイプバインランキングです。今回はいよいよ曲のベスト50を発表していきます。

ルールのおさらいです。フルアルバム16枚とEP3枚から10枚選んで、順位をつけ、さらに10曲選んで順位をつけてもらいました。つまりグレイプバインのアルバムを10枚以上聴いてないと参加できない仕組みになっています。提出期限は一週間。普段からバインのことばかり考えているどうかしてる素晴らしいファンの人しか参加できない様になっています。つまりガチのファンによるランキングです。

そんな方々が10曲しか選べない仕様にした僕を鬼畜といって呪いながら選んでくださってできたランキングがこちらです。その呪いのせいで僕はまじで風邪をひきました(笑)。

前置きはさておき早速紹介に入りたいと思います。

企画の経緯や、アルバムランキングに関しては前回をご覧ください。

最初に断っておくと前述の通りガチファンによる投票なので、「これからグレイプバイン 聴きたいな❤️」って初心者の方には不向きなランキングかも知れません…。投票したファンも若干引いていたぐらいのガチのランキングです…。

また途中で同点の曲がいくつかでてきているのに、順位が同率になっていません。同点の場合は選んだ人数が少ない曲(高得点をいれた人が多かった方)を高順位にしました。つまり選んだ人の思い入れの強さを重視しました。

50位から41位

50位 「FLY」 100点

GRAPEVINE – FLY

49位 「Reverb」 103点

GRAPEVINE – Reverb

48位 「Era」 108点
47位 「楽園で遅い朝食」 110点
46位 「豚の皿」 110点
45位 「インダストリアル」 110点
44位 「ピカロ」 112点
43位 「また始まるために」 112点
42位 「GRAVEYARD」 116点
41位 「ぼくらなら」 117点

GRAPEVINE – ぼくらなら

という事で普通のバンドのランキングならトップ10に入っておかしくない名曲「ぼくらなら」がいきなり41位に入ってきてしまいました。亀井節が炸裂した美しいメロディーと田中さんの切ない歌詞とギターワークが光るバインの最良の部分がギュッと詰まった名曲ですので初心者にもおすすめです。

カッコいいバンドサウンドを堪能したいというかたは50位の「FLY」や49位の「Reverb」もいいですね。

そして46位の「豚の皿」。名盤『イデアの水槽』のオープニングを飾る曲ですが「順位が低い」という驚きの声が多かったです。いやいやいや、他のバンドのランキングなら圏外でもおかしくないぐらいアブストラクトで攻撃的な曲ですから! 「自分は好きなんだけど人気無いのかな…」とかいうタイプの曲がランクインして、尚且つ順位が低いと言われるのもバインらしい、ガチファンランキングらしいかと。

個人的に好きなのは45位の「インダストリアル」ですね、ソウル的な要素とロック的な要素が上手く混ざっていてカッコいいです。最後の転調もグッときますね。

「Reverb」は(Jan.3rd Mix)と無印を同じ曲としてカウントしました。

40位から31位

40位 「lamb」 121点
39位 「無心の歌」 124点
38位 「それでも」 127点
37位 「公園まで」 128点
36位 「Wants」 130点

GRAPEVINE – Wants

35位 「想うということ」 131点
34位 「Scarlet A」 134点
33位 「エピゴーネン」 138点
32位 「Arma」 138点

GRAPEVINE – Arma(Official Music Video)

31位 「吹曝しのシェヴィ」 142点

40位から31位は有名曲ではなく隠れた名曲達が数多くランクインした、という印象ですね。特にアルバム未収録のシングルB面曲33位「エピゴーネン」と31位「吹曝しのジェヴィ」が名だたるシングル曲を抑えて上位にランクインしているのはこのランキングのガチさを裏付けしていますね。アルバムを全部聴いてるだけじゃなくてちゃんとシングルのカップリングまでおさえてる方が複数いるって事ですから。そして実際B面曲にいい曲も多いです。

また亀井さん作曲が殆どという十曲でした。

個人的には37位の「公園まで」が好きです。年末に必ず聴きたくなる冬の曲です。

タイトルとURLをコピーしました