みんなが選ぶ邦楽アルバムベスト100【2020】〈後編〉

Twitterで2020年8月に行った総勢200名の音楽好きによるアンケート企画、100位から51位の続きです。

本記事では50位から1位までを発表していきます。

前編はこちらから

50位から41位


50位『一触即発』四人囃子 (1974年) 240点

49位 『犬は吠えるがキャラバンは進む』小沢健二 (1993年) 240点

48位 『THE WORLD IS MINE』(2002) くるり (2002年) 243点

47位 『ハイファイ新書』相対性理論 (2009年) 245点

46位 『STILLING, STILL DREAMING』THA BLUE HERB (1999年) 246点

45位 『AINOU』中村佳穂 (2018年) 248点

44位 『C.B.Jim』(1993) BLANKEY JET CITY (1993年) 251点

43位 『THE BLUE HEARTS』THE BLUE HEARTS (1987年) 260点

42位 『GAME』Perfume (2008年) 260点

41位 『南蛮渡来』(1982) 暗黒大陸じゃがたら (1982年) 262点

今回のランキングの特徴、というか個人的不満点でもあるんですけど、ヒップホップが異様に少ないんですよね…。ということでやっとランクインしてきたのが46位 『STILLING, STILL DREAMING』THA BLUE HERB43位 『THE BLUE HEARTS』は意外と早い登場でしたね。世代によっては圧倒的な支持のあるアルバムですから、43位は低いなと思いました。そして45位 中村佳穂『AINOU』は2018年の作品にもかかわらずこの高順位。もう邦楽名盤の常連入りを約束されてる名盤といっても過言ではないと思います。42位 『GAME』Perfumeも人気、実力ともに納得の順位ですね。

40位から31位

40位 『ERA』中村一義 (2000年) 262点

39位 『TEAM ROCK』くるり (2001年) 266点

38位 『MAKING THE ROAD』Hi-STANDARD (1999年) 271点

37位 『フェイクファー』スピッツ (1998年) 276点

36位 『ワルツを踊れ』くるり (2007年) 277点

35位 『カメラ・トーク』フリッパーズ・ギター (1990年) 278点

34位 『MISSLIM』荒井由実 (1974年) 281点

33位 『FOR YOU』山下達郎 (1982年) 284点

32位 『平成』折坂悠太 (2018年) 288点

31位 『図鑑』くるり (2000年) 290点

32位に折坂悠太『平成』が来たのは衝撃でしたね。確かにこの順位も納得の名盤ですが、びっくりしました。この位置に当たり前のように鎮座していますからね…。中村佳穂『AINOU』もそうですが、2018年の作品でこの高順位はすごいです。そして31位の『図鑑』。これがくるりの最高位なんですけどこれが一番人気というのがまたしても意外でした。それにしてもくるり、これで5枚目のランクインです。強すぎですね…。33位 『FOR YOU』山下達郎は最近のシティ・ポップブームの盛り上がりもあってもっと上位かとおもったんですけど意外と低めでしたね…。

30位から21位


30位 『SONGS』シュガーベイブ (1975年) 297点

29位 『ひこうき雲』荒井由実 (1973年) 301点

28位 『SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT』NUMBER GIRL (1999年) 305点

27位 『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』イエロー・マジック・オーケストラ (1979年) 312点

26位 『名前をつけてやる』スピッツ (1991年) 317点

25位 『SAPPUKEI』NUMBER GIRL (2000年) 332点

24位 『BGM』イエロー・マジック・オーケストラ (1981年) 335点

23位 『Obscure Ride』cero (2015年) 342点

22位 『泰安洋行』細野晴臣 (1976年) 347点

21位 『スリーアウトチェンジ』SUPERCAR (1998年) 348点

このぐらいの順位になると錚々たる面々がならんでいますね…。そんななかで異彩を放っているのが26位 スピッツ名前をつけてやる』。コアなファンに人気の名盤セカンドアルバムが堂々のこの順位。そしてスピッツこれで4枚目…。27位 『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』イエロー・マジック・オーケストラは集計の段階でかなり票が多かったのでもしや1位かと思いました。直撃世代には相当なインパクトがあった1枚ですからね。しかしふたをあけてみたら24位 『BGM』のほうがYMOでは上でしたね。

20位から11位


20位 『シングル・マン』RCサクセション (1976年) 355点

19位 『HOSONO HOUSE』細野晴臣 (1973年) 355点

18位 『kocorono』bloodthirsty butchers (1996年) 360点

17位 『東京』サニーデイ・サービス (1996年) 379点

16位 『3x3x3』ゆらゆら帝国 (1998年) 385点

15位 『3』キリンジ (2000年) 387点

14位 『家庭教師』岡村靖幸 (1990年) 392点

13位 『POINT』(2001) Cornelius (2001年) 415点

12位 『宇宙 日本 世田谷』(1997)フィッシュマンズ (1997年) 424点

11位 『金字塔』中村一義 (1997年) 436点

11位 『金字塔』中村一義は個人的にはすごく驚きました。2000年代はすごく評価の高いアーティストでしたが最近はあまり話題に挙がることもなかったので。ファンはずっと聴き続けて評価し続けてきたということですね。18位 bloodthirsty butchers『kocorono』ブッチャーズの代表作がかなり高い順位にランクインしました。コアなファンの確かな支持の割には、こういうランキングでこんなに上位に来ることがなかったバンドですので、これはファンの方はかなりうれしいんじゃないでしょうか。15位 キリンジ『3』は確かに名盤で、最近のランキングでは常連の一部となってますが、かなり上位にきたなと思いました。そして14位 岡村靖幸『家庭教師』も予想よりの上位だったなとおもいましたね。

10位から1位

10位 『ファンファーレと熱狂』andymori (2010年) 443点

9位 『GEAR BLUES』THEE MICHELLE GUN ELEPHANT (1998年) 472点

8位 『DOCTOR HEAD’S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔- 』フリッパーズ・ギター (1991年) 473点

7位 『無罪モラトリアム』椎名林檎 (1999年) 536点

6位 『LIFE』小沢健二 (1994年) 557点

5位 『FANTASMA』Cornelius (1997年) 609点

4位 『A LONG VACATION』大滝詠一 (1981年) 610点

3位 『空中キャンプ』フィッシュマンズ (1996年) 730点

2位 『風街ろまん』はっぴいえんど (1971年) 906点

1位 『空洞です』ゆらゆら帝国 (2007年) 911点

どうだったでしょうか。ということでなんと1位はゆらゆら帝国『空洞です』でした。やり始める前はこのアルバムが1位とはまったく思ってなかったのでびっくりしましたね。結構実験的なアルバムで、みんながみんな聴いてすんなりわかるアルバムというよりは、なんかすごいんだけどなにがすごいのかわからない、その感覚でなんとなく聴き続けてしまう…。そんなアルバムだと思うんですけどどうでしょうか。とにかく1位は衝撃的でした。もちろん評価はめちゃくちゃ高い一枚なので不思議では全然ないし、納得なんですけど。そして2位は『風街ろまん』はっぴいえんど。日本ロック史を代表する名盤で近年では仮想敵にもされやすい一枚ですけど906点で1位と5点差…。3位が730点ですからこの点差はえぐいですね…。まあ歴史的な意義はさておき、いい曲が確かな腕をもつミュージシャンの演奏によって奏でられた本当によくできた作品なんで、この評価は妥当だと思っています。聴かず嫌いの人にも一度は聴いてもらいたいですね。そして3位『空中キャンプ』フィッシュマンズ 。最近海外での評価も高くなっているバンドの代表作ですけど、これが一でも しかし、よくよく考えてみたら忘れられがちですけど、レゲエやダブをバックグラウンドに持つ音楽がこれだけ人気あるっていうのは凄いことですよね。ジャンルとしては日本ではいまいち人気が低い、ニッチな市場ですから。彼らの持つ唯一無二の空気感、時代や人生のある瞬間を決定的にとらえたてパックしたような音楽が高い評価の一因だと思います。10位 『ファンファーレと熱狂』andymori、これもびっくりでした。andymoriは確かに人気のあったバンドですが、解散してからしばらくたつし、こんなに評価が高いバンドだと失礼ながら思っていなかったです。正直このアルバムもシングル曲意外聴いたことなかったのですが、その熱量の高さにこの高評価もうなづけるものはありました。

1位から100位ランキング一覧

それでは、改めて1位から100位までの一覧です。

  • 1位『空洞です』ゆらゆら帝国 911点
  • 2位『風街ろまん』はっぴいえんど 906点
  • 3位『空中キャンプ』フィッシュマンズ 730点
  • 4位『A LONG VACATION』大滝詠一 610点
  • 5位『FANTASMA』Cornelius 609点
  • 6位『LIFE』小沢健二 557点
  • 7位『無罪モラトリアム』椎名林檎 536点
  • 8位『DOCTOR HEAD’S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔- 』フリッパーズ・ギター 473点
  • 9位『GEAR BLUES』THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 472点
  • 10位『ファンファーレと熱狂』andymori 443点
  • 11位『金字塔』中村一義 436点
  • 12位『宇宙 日本 世田谷』フィッシュマンズ 424点
  • 13位『POINT』(2001) Cornelius 415点
  • 14位『家庭教師』岡村靖幸 392点
  • 15位『3』キリンジ 387点
  • 16位『3x3x3』ゆらゆら帝国 385点
  • 17位『東京』サニーデイ・サービス 379点
  • 18位『kocorono』bloodthirsty butchers 360点
  • 19位『HOSONO HOUSE』細野晴臣 355点
  • 20位『シングル・マン』RCサクセション 355点
  • 21位『スリーアウトチェンジ』SUPERCAR 348点
  • 22位『泰安洋行』細野晴臣 347点
  • 23位『Obscure Ride』cero 342点
  • 24位『BGM』イエロー・マジック・オーケストラ 335点
  • 25位『SAPPUKEI』NUMBER GIRL 332点
  • 26位『名前をつけてやる』スピッツ 317点
  • 27位『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』イエロー・マジック・オーケストラ312
  • 28位『SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT』NUMBER GIRL 305点
  • 29位『ひこうき雲』荒井由実 301点
  • 30位『SONGS』シュガーベイブ 297点
  • 31位『図鑑』くるり 290点
  • 32位『平成』折坂悠太 288点
  • 33位『FOR YOU』山下達郎 284点
  • 34位『MISSLIM』荒井由実 281点
  • 35位『カメラ・トーク』フリッパーズ・ギター 278点
  • 36位『ワルツを踊れ』くるり 277点
  • 37位『フェイクファー』スピッツ 276点
  • 38位『MAKING THE ROAD』Hi-STANDARD 271点
  • 39位『TEAM ROCK』くるり 266点
  • 40位『ERA』中村一義 262点
  • 41位『南蛮渡来』(1982) 暗黒大陸じゃがたら 262点
  • 42位『GAME』Perfume 260点
  • 43位『THE BLUE HEARTS』THE BLUE HEARTS 260点
  • 44位『C.B.Jim』(1993) BLANKEY JET CITY 251点
  • 45位『AINOU』中村佳穂 248点
  • 46位『STILLING, STILL DREAMING』THA BLUE HERB 246点
  • 47位『ハイファイ新書』相対性理論 245点
  • 48位『THE WORLD IS MINE』(2002) くるり243
  • 49位『犬は吠えるがキャラバンは進む』小沢健二 240点
  • 50位『一触即発』四人囃子 240点
  • 51位『ジャックスの世界』ジャックス 239点
  • 52位『氷の世界』井上陽水 239点
  • 53『NUM-HEAVYMETALLIC』NUMBER GIRL 236点
  • 54位『TEENAGER』フジファブリック 236点
  • 55位『ハヤブサ』スピッツ 235点
  • 56位『A』電気グルーヴ 231点
  • 57位『Lifetime』GRAPEVINE 230点
  • 58位『lust』レイ・ハラカミ 229点
  • 59位『Modal Soul』Nujabes 219点
  • 60位『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』銀杏BOYZ 218点
  • 61位『サニーデイ・サービス』サニーデイ・サービス 214点
  • 62位『First Love』宇多田ヒカル 211点
  • 63位『ライブ』村八分 211点
  • 64位『SICKS』THE YELLOW MONKEY 210点
  • 65位『ナマで踊ろう』坂本慎太郎 202点
  • 66位『幻とのつきあい方』坂本慎太郎 199位
  • 67位『red curb』レイ・ハラカミ 197点
  • 68位『POLY LIFE MULTI SOUL』cero 195点
  • 69位『勝訴ストリップ』椎名林檎 192点
  • 70位『とどめをハデにくれ』The ピーズ 186点
  • 71位『MUGEN』(1999) サニーデイ・サービス 184点
  • 72位『VISITORS』佐野元春 184点
  • 73位『ペーパードライヴァーズミュージック』キリンジ 183点
  • 74位『黒船』サディスティック・ミカ・バンド 182点
  • 75位『Chicken Zombies』THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 182点
  • 76位『HELL-SEE』Syrup16g 181点
  • 77位『リハビリ中断』The ピーズ 180点
  • 78位『球体』三浦大知 178点
  • 79位『HIGHVISION』SUPERCAR 178点
  • 80位『感受性応答セヨ』eastern youth178点
  • 81位『ZAZEN BOYS 4』ZAZEN BOYS178点
  • 82位『エアにに』長谷川白紙177点
  • 83位『andymori』andymori 177点
  • 84位『フジファブリック』フジファブリック 175点
  • 85位『スピッツ』スピッツ 174点
  • 86位『アンテナ』くるり 174点
  • 87位『VOXXX』電気グルーヴ 173点
  • 88位『VITAMIN』電気グルーヴ 171点
  • 89位『ANGELS』THE NOVEMBERS 171点
  • 90位『愛と笑いの夜』サニーデイ・サービス 171点
  • 91位『DOOR』銀杏BOYZ 171点
  • 92位『メシ喰うな!』INU 170点
  • 93位『HAPPY BIVOUAC』the Pillows 169点
  • 94位『POP VIRUS』星野源 166点
  • 95位『ミーのカー』ゆらゆら帝国 164点
  • 96位『RHAPSODY』RCサクセション 163点
  • 97位『DRAGON』電気グルーヴ 161点
  • 98位『DANCE TO YOU』サニーデイ・サービス 160点
  • 99位『High Time』THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 159点
  • 100位『テクノデリック』イエロー・マジック・オーケストラ 158点

今回の集計、ランキングを別角度から見た記事はこちらです。

みんなが選ぶ邦楽アルバムベスト100【アーティスト別データ編】

みんなが選ぶ邦楽アルバムベスト100【2020】101位から300位

みんなが選ぶ邦楽アルバムベスト100【2020】集計データを編集してみた編

よろしければ是非ご確認ください。上記だけではわからないことがわかってなかなか興味深いと思います。ランキングの弱点、批判されている点を補完する内容になっています。

参加者一覧

最後に今回参加していただいた方で許可をいただけた方のアカウント名一覧を発表させていただきます。皆様ご参加誠にありがとうございました。皆さんのおかげで本当に素晴らしいランキングになったと思います。

そして発表のまえに一つ、参加者以外の方に断っておかなければいけないことがあります。

それはランキングの結果はあくまで票が多かったものが上位に来ていただけで、参加者の皆さんの総意ではもちろんないということです。

ここに並んでいる参加者の皆さんとランキングの距離感は多種多様です。ランキングに半数以上入っている方もいれば、トップ100に一枚も入っていない方もいます。

だからここに挙がっている方々がこのランキングが指し示す価値観と同じ価値観を有しているとは思わないでいただきたいと思います。そのことを念頭に置いてご覧ください。

*ハイパーリンクが設定されている方は、リンクを踏むとその方が選んだ30枚の選評をされてるメディアに飛べるようになってます。

(投票順)ニコ助さん/フルカワタケオさん/wataoさん/zzzさん/三代目斎藤飛鳥涼さん/ぼんじりさん/まちさん/ギギさん/diskfreakさん/カフカと呼ばれる少女さん/I need to be myself さん/うまみさん/かずささん/A. Nakajimaさん/うまさん/かわぐちさん/チャッピー(葱)さん/marrさん/ソフィレコさん/しにゃさん/エビビチリリさん/babyblueさん/コノカーンさん/なかだいさん/はじしらず ゆうすけさん/ナナミさん/Chiffonさん/だらりさん/ピロシキa.k.a.パパねんさん/essayさん/ハーバート・イーストさん/とこなみさん/砒素子さん/dubnao@ダブナオさん/ハヤトモ@muzikrecordさん/鮭野さかなさん/hide_thさん/サマービューティーさん/sibirecoさん/S. 虚無さん/ビリビリ睾丸さん/えりさん/つかざわさん/オバQさん/丘下海音さん/ぽんぽんさん/ちょこ太郎さん/つゆりP(Mimikaki)さん/Na0さん/じゅんろーざさん/TTさん/レナードさん/USK Tanakaさん/ヘイマンさん/Dokaさん/Mr.Cream Tangerineさん/もょもすけさん/いわもさん/studio-y/SHIN之助さん/EPOCALCさん/服部さん/ぽさん/ばしこさん/ぐるぐるさん/Noriさん/なりひこさん/てんやわんやなダルやんさん/けくさん/øötravisさん/おまえがパラダイスさん/矢嶋さん/curry & cafe ROOTSさん/のまたろさん/しゃぶしゃぶさん/HAL1989さん/ひねくれPOPさん/くりまるさん/あらしやまさん/ttさん/つむりさん/トヨオカマサノブさん/キッドさん/dj🍣さん/嶋野夏樹さん/ぺれぐりんさん/ヒミさん/レイレイ・セフォーさん/雄大さん/Dubteckさん/Ukas/Halfluさん/Shower@さん/Kikuchiyo915さん/ヂスさん/さいちょーさん/A.M.さん/ヒモ・カミザさん/耳ほじるりさん/kitai toshiyukiさん/紅炎さん/あさとさん/MvAvSvAさん/budouさん/ジニエスタさん/としのすけさん/どくたや又右衛門さん/たよりちゃんさん/阿久津さん/ざっきーさん/お花の震度3さん/パッキーさん/Shun/伏見 瞬さん/やすつぐさん/し ら な い ひ と 。さん/delta_gさん/沙汰さん/もなかさとしさん/チャポカさん/ハローさん/eさん/やぎさん/藤永 大雅さん/からすさん/makotoさん/犬さん/mute1970さん/はたさん/ヘルニア首さん/ちくわさん/タジタジさん/乙郎さん/今井新さん/坂本 文法さん/丸岡九蔵さん/nectic (St. Easter)さん/勇太さん/はんみょうさん/おーくぼさん/ᴎᴎᴎᴎさん/haruさん/そっちさん/MAiさん/どらけけさん/Peterさん/4°C9さん/歯車さん/syuさん/はなこさん/てるるんさん/@ettheaterさん/tiwa-moさん/キムラさん/kanekoneさん/オレンチー・メッチャ・キレイさん/東京下町三代目さん/きゃべつさん/ねるふぃにっとさん/ハセガワタカオさん/梶原一郎さん/Jun0415Bluesさん/ozさんさん/まぐねふさん/よれよれ18番さん/シャー芯さん/鳥羽さん/せんまいさん/JMX/他、匿名希望。計200名

また、実際の発表にあたり「あらしやま」さんのつぶやいたひとことを参考にハッシュタグつくらせていただきました。あらしやまさん、いろいろと快諾していただき、本当にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました